« 境界条件 | トップページ | 統計 »

2005/02/28

Java叩き【年寄りが若年層を虐めているという構図】

プログラマ板でJava叩 き【年寄りが若年層を虐めているという構図】というスレッドを見つけた。
なんとなく興味が出たので覗いてみると、自分の意見だった。

私がここに書いたのが9/19、おそらく深夜だろう。
それに対し2chにスレッドが立ったのが9/20の14:30ごろ。
@niftyのココログは昔書いていたMemorizeより人の目 に触れやすいということだろうか。

スレッドを一通り読んでみた。
最初の頃はプログラム板、プログラマ板にありがちな言語比較、死滅系の内容だが、240番辺りか らテストの在り方、のような話になってきている。

テストについては、数が多ければ多いほど良い、と考えているわけではない。一般的にもそのような考え方はされていないだろう。
ちょうどすぐ前にも書いたが、境界を認識し、その境界で区切られた領域(及び境界上の領域)ごとにテストが実施されなければ意味が無い。同じ領域で似たよ うなテストを何回行っても効果は薄い。
JUnitでテストを作成し(テストコードに誤りはないとする)、カバレッジ100%ですべてのテストに成功するにもかかわらず意図しない動作をさせるプ ログラムは容易に作成可能だ。

しかしテスト数に意味が無いかというとそうではない。
領域の数に満たないテスト数であれば、テストされない条件があるのは自明である。
ただし、全ての領域をテストしなければならない、というプロジェクトは少ないと思う(体面上はともかくとして)し、実際の業務システムに対し実施すること は現実的に不可能だ。

適切なテスト数を決定するのは難しい。
システムの規模に応じてテスト数を増減させると言われても、じゃあシステムの規模ってどうやって測る?
その規模の大きさ1に対してテスト数はいくつに設定する?

ソース行数何行に対してテスト何個、という決め方は、上の疑問に対して答えを明確にしている、という点では評価するところはあるのかな、とスレッド後半を 読んで思った。
経験的にその割り合いが決定されているのであれば、信頼性もある程度は保っているのだろう。
(自分自身がその方法を推奨するかと言われれば、それはまた別の話。)

スレッドにも参加してみようと思う。
時間に空きが出来れば。


« 境界条件 | トップページ | 統計 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/3109673

この記事へのトラックバック一覧です: Java叩き【年寄りが若年層を虐めているという構図】:

« 境界条件 | トップページ | 統計 »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ