« マリンシューズ(Nike ACG Aqua Sock購入) | トップページ | 東京三菱銀行とUFJ銀行の統合における最大のバグ »

2005/11/12

Visual Studio .NET

私が所属するプロジェクトでは、VC6を用いてクライアントアプリを開発している。
しかし、
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;JA;lifeDevToolFam
にある通り、VC6の製品サポートはすでに終了している。

このことが直接の原因というわけではないが、ついに.NETアプリケーションを、プロジェクトでも開発していくことになりそうだ。

前回のJava開発の際に、品質管理の立場から色々と開発プロセスを策定し、また、このプロセスに従うために必要なツールなどを決定した。
今回.NET開発においても、基本的にはこれに従うことにしたいと考えている。

しかし、使用するツールについては全く調査しておらず、そもそも誰が調査・決定するのかもまだ決まっていない。必要性も今の段階で認識している人がいるのか不明である。
(ちなみに私はこの.NET開発についてはアサインされていない)

今日少しWebを巡回してみたところ、VisualStudio 2005 Team Systemというバージョンではかなり目的のことが達成できるようである。
しかし、用いるVisual Studioのバージョンはおそらく既に決まっており、それはこのVSTSではないはずである。


その他、この開発を進めるにあたって障害になりそうだと思うこと。
  1. ツール購入の問題
    Java開発においては開発ツール(Eclipseから始まり、プロファイラやFindBugsなど)がお金をかけずに揃えられた。これに対し、.NET 開発では同等のツールがあるかどうかを調査する時間が必要であり、また、あったとしても無料で使用できるのかどうか。お金がかかるとなると自社で購入する のかそれとも客の金で買うのかなど、私の権限で決められない。
  2. ツール導入の問題
    PCに新しいツールをインストールしようと思うと許可をもらわなければならず、手続きが滞りがち。滞ると開発が遅れることになるのだが、そういったリスク は今のところ誰も考慮していない。(そもそもエンドユーザPCと開発用PCの運用ポリシーが同じというところでも、開発上大きな問題になるのだが、自社の ポリシーではないのであまり強くはいえない)

今回の件は、品質管理担当に任命しておきながら、私の知らないところで話が進んでいるので、口は出しても手は最後まで出さないようにするのが賢明か。

学生時代は、システム開発会社だと高価なツールが既に使用可能か購入が容易で、MSDN会員にも当然入ったりして、潤沢な開発環境が揃っているとおもって いたのだが、学生時代と比較できないほど求められる要求が高度であるにもかかわらず、開発環境はプアなままである(むしろ学生の頃の方が自分で勝手にフ リーツールを導入できたりして便利だった)というのはつらいことである。
高価なツールを購入しても使いこなせる開発者が少ない、という開発者自身の問題もあることにも驚きではあるが。(使いこなせないと、金を出す方も次から躊躇するのは当然。)



新しいVisual Studioの機能を理解するのに、システム・テクノロジー・アイ社主催のVisualStudio 2005/SQL Server2005 Quick Learningはそれなりに役に立った。

JUnit相当のものはNUnitというものがあり、使用方法、チュートリアルはWeb上に豊富にあるため導入は容易であると思われる。

静的コード分析はFxCopというものがあるらしい。VSTSでは使用可能のようだが、他のバージョンやエディションで使用可能なのかは不明。(gotdotnetのサイトからダウンロードできるようだが)

テストカバレッジやプロファイリングについては、VSTSでは標準機能としてあるようだが、他のバージョン、エディションでは代替機能が用意できるのか不明。

« マリンシューズ(Nike ACG Aqua Sock購入) | トップページ | 東京三菱銀行とUFJ銀行の統合における最大のバグ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/7064554

この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio .NET:

« マリンシューズ(Nike ACG Aqua Sock購入) | トップページ | 東京三菱銀行とUFJ銀行の統合における最大のバグ »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ