« RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版を見ながらRailsを始めてみた | トップページ | 携帯電話用キーボードで入力してみた(RBK-110CII購入) »

2008/06/07

Xubuntuをインストールして自宅にサーバを立ててみた

2年近く前にPCを購入して以来、データの移し替えが面倒でそのまま放置していた旧PCがあった。マウス/キーボードは一組しかないので同時には起動できず、データ移行はHDD取り外して繋げ変えるしかないか、しかし新PCはパラレルATAインタフェースあるのだろうか...と考えていた。

この度上記のCPU切り替え器を購入したので、LAN経由でデータを移し終えた(ちなみに新PCにもパラレルATAインタフェースはあったが)。クライアントマシンが2台あっても使わないので、空いた旧PCにLinuxを入れてみた。

当初はUbuntuをインストールしたが、評判通り比較的高いスペックを要求し、このPCでは荷が重いようだ。感覚的にはWindowsXPのインストール直後より重い。そのため、Xubuntuを使用することにした。

Ubuntuはインストール直後でほぼ日本語化された状態であるが、Xubuntuは若干作業が必要になる。ただ、作業を終えればUbuntu相当になり、日本語環境は気になる問題は全く無くなった。

日本語化手順は、にちゃんねるのxubuntuスレッドに記載されていたものを、現在の最新バージョンである8.04に読み替えて実施した。

  1. [Applications]-[システム]-[Software Sources]を開きます。
  2. [サードパーティのソフトウェア]タブを選択します。
  3. [Add]をクリックし、表示されたダイアログに と入力して[ソースを追加]をクリックします。
    8.04の場合:deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja hardy/
  4. もう一度[Add]をクリックし、表示されたダイアログに以下の行を入力して[ソースを追加]をクリックします。
    8.04の場合:deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja hardy-ja/
  5. [閉じる]をクリックし、表示されたダイアログで[再読込]をクリックします。エラーが発生しますが、そのまま[閉じる]をクリックします。
  6. [Applications]-[システム]-[Synaptic パッケージ・マネージャ]を開き、ubuntu-ja-keyringパッケージにインストールマークを付けます。
    「認証されていません!」と警告されますが、そのまま[マーク]をクリックし、続けてウィンドウ上部の[適用]ボタンをクリックしてインストールを実行します。
  7. [再読込]をクリックします。
  8. ubuntu-desktop-jaパッケージにマークを付けて適用をクリックしてインストール

hardyというのは、8.04のコードネームHardy Heronのことのようだ。

この後、taskselコマンド(UbuntuのServer版インストール時に実行されるもののようだ)で、LAMP環境を一発でインストールしてサーバ環境とした。

ほぼ5年ぶりにLinuxに触れたが、難易度がかなり下がっているように見える。現在では、Windowsを普通に使用できる人であれば、Ubuntu/Xubuntuを使用しても戸惑うことが無いのではないか。視覚的な面でも、商用OSと遜色なくなっている。ただ、その分ハードウェアの要求スペックもあがってしまっているが。

DDNSは家サーバー・プロジェクトが提供しているサービスを利用することにした。

 

冒頭のCPU切り替え器は、モニタがDVI接続、キーボードがPS/2接続、マウスがUSB接続であるような環境用のものである。自分の環境はちょっと変わっているのでこれに合ったCPU切り替え器はそうそう無いものだと考えていたが、ちょうどマッチするものが比較的安価に有ったので驚いた。

2台の切り替えは、ScrollLock2回押し+1キーor2キーで切り替えられる。また、切り替え器本体にもスイッチが付いており、使用感に問題は無い。ただ、切り替え後に何度かUSBマウスが認識されなくなる状態になることがあった。この場合はPC本体に刺さっているUSBケーブルを抜き刺しすれば回復するのだが...

« RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版を見ながらRailsを始めてみた | トップページ | 携帯電話用キーボードで入力してみた(RBK-110CII購入) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/41457340

この記事へのトラックバック一覧です: Xubuntuをインストールして自宅にサーバを立ててみた:

« RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版を見ながらRailsを始めてみた | トップページ | 携帯電話用キーボードで入力してみた(RBK-110CII購入) »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ