« JavaFXでFLVを再生してみた | トップページ | JavaFX - Lesson 2: Writing Scripts »

2008/12/07

JavaFXを学習してみる

 

ハードディスクの空き容量が無くなったので新しいものを購入した。500GB位で手ごろな価格があるかと考えていたが、1.5TBで1.5万円程度のリテール品(5年保証)があったのでそれを購入。SeagateのST31500341ASというモデルだった。

テラバイトという単位であるとか、1GBあたり10円であるとか、色々と隔世の感がある。

一方、XBox360のハードディスクは1GB当たり100円程度。サイズだとか静音性だとかに違いはあるのだろうが...

閑話休題。JavaFXの書籍をamazonで検索してみたが、最も最近出版された書籍でも、バージョン0.7対応のもののようで、1.0の記法に準拠しているものは無いようだった。

なお、Web上のサンプルコードが0.7のものか1.0のものかは、こちら(会員登録必要)に記載されているように、コードの冒頭でjavafx.ui.*をimportしているかどうで大体判断できる。これをimportしているのは0.7なので、今のバージョンでは動かないということになる。

ということで、日本語の解説は期待できないことが分かった。仕方が無いので英語の1次情報で学ぶことにする。Sunが提供しているチュートリアルはこちら

Lesson11まであるが、概要は以下のようだ。(自分用メモ)

1 開発環境の整え方について書かれているようだが、NetBeansにプラグイン導入済みのためスキップ。
2 基本的なコードの書き方。取り敢えず流し読みする。
3 JavaFXでオブジェクトを使う方法のようだが、既にオブジェクト指向言語を何か知っているのであればみるべきところは無さそう。Lesson.11を見ればよいだろう。
4 データタイプ。これも大したことは無い。
5 シーケンス。配列やMapだろう。この辺りはどの言語でもユニークさが目立つが、JavaFXも少し独特なところがあるように見える。
6 演算子。1回見ておけば十分だろう。
7 式。Javaから見ると少し変わっているが、スクリプト系言語を何かひとつ知っていれば特段難しいことも無さそう。
8 データバインディングとトリガ。タイトル見ただけではよく分からない。この辺からちょっと面白くなりそう?
9 クラス。先に見ておこう。
10 パッケージ。JVMの上で動くのでそんなに予想外のことは無いだろう。
11 アクセス修飾子。目次を見る限り、privateが無いのと、public-read, public-initという2種の存在が気になる。

 

その他Tipsとして2点ほど。

その1。英語サイトは(日本語サイトを閲覧しているときより)文字のサイズを大きめにして見た方が頭に入って来やすい。

その2。NetBeansは、Jadclipseのような便利なプラグインが無さそう(nb-jode-jad-moduleというものがあるようだが、NB6.5でも使用できるのだろうか…?)なので、以下のbatファイルを用いてjadを動かせば、ディレクトリを再帰的に辿って逆コンパイルしてくれる。

for /R .. %%i in (*.class) do  (
    jad -8 -nonlb -ff -pi 10 -o -sjava -r -dsrc %%i
)

« JavaFXでFLVを再生してみた | トップページ | JavaFX - Lesson 2: Writing Scripts »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/43342412

この記事へのトラックバック一覧です: JavaFXを学習してみる:

« JavaFXでFLVを再生してみた | トップページ | JavaFX - Lesson 2: Writing Scripts »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ