« Google Chrome Beta でhttpsのログイン/ログアウトに不具合 | トップページ | Android EmulatorでSDLを実行してみる »

2009/10/01

Portable Ubuntu RemixでAndroidバイナリを作成する

Portable Ubuntuのプロジェクト成果物が、以前と変わっているようだ。

以前のPortable Ubuntu for Windowsに相当するものは”Portable Ubuntu Remix Version UNO”という名前になっており、新しく”Portable Ubuntu Remix Version DOS”というものがあった。

違いはよく分かっていないが、Version DOSの方はCygwinを利用しているようだ。また、ベースとなるUbuntuのバージョンが、UNOでは8.04, DOSでは9.04のようだ。

また、ホームドライブの容量拡張方法も変わっており、Version DOS release 4以降ではToporesizeというアプリから行うように記載されている(入手はここから)。試しに実行してみたが、容量の変更に失敗しているようにみえる場合もあり、バックアップをとってから実行した方が良いように思う。

今回、このPortable Ubuntu Remixに、Androidネイティブバイナリのビルドを行うための環境を構築した。長期的に利用するのであれば、おそらくPortable UbuntuよりCygwin上に構築する方がWindows環境との親和性が高く良いと考える。ただ、今回後述のライブラリ”Sourcery G++ Lite”がCygwinへはうまくインストールできなかったためこちらを利用することにした。

 

準備

なお、以下ではPortable Ubuntu Remix(以降、Portable Ubuntu)設定作業についてのみ記述する。Android SDK及びAndroid Emulatorの設定についてはこちらなどを参考に、SDカードを持ったAVDを作成し起動しておく。

 

共有ディレクトリ設定

インストール時に作成されるファイルPortable_Ubuntu_DOS\config\portable_ubuntu.confで設定を行う。

ファイルを”shared_folder”で検索しヒットした箇所の例の通り記述すれば良い。

Portable Ubuntu上では /media/cofsX にマウントされる。

 

日本語化

必須というわけではないが、取り敢えず行っておく。

  1. Portable Ubuntuを起動する。
  2. 画面上部に表示されるパネルから、System > Administration > Language Support を選択する。pur01
  3. 表示されたLanguageダイアログの最下部ボタン Install / Remove Languages... を押す。pur02
  4. 表示されたInstalled Languagesダイアログで、japaneseにチェックをつけ、Apply Changesボタンを押す。
  5. Languageダイアログに戻り、日本語を選択して完了。pur04

 

Sourcery G++ Lite for ARM GNU/Linux インストール

$ sh arm-2009q1-203-arm-none-linux-gnueabi.bin

を実行し、表示されたとおりに進めればよい。rootのデフォルトパスワードは123456

上記インストーラでインストールすると、~/.bash_profile ファイルが作成される。クロスコンパイラのPATH設定を行うためのものであるが、.bash_profileが存在すると.profileが読み込まれず、次回起動時に不具合が出る。このため、.bash_profileは(必要であればバックアップをとった後)削除し、PATH設定は.profileに追記しておく。

再起動して、起動できてPATH設定も正しいことを確認できれば完了。

 

バイナリ作成

androidネイティブバイナリを作成する。ライブラリダイナミックリンク版も作成できるようだが、ここでは簡単なスタティックリンク版を作成・実行する。

hello worldコードをhello.cに記述し、以下のコマンドを実行すれば良い。

$ arm-none-linux-gnueabi-gcc hello.c -o hello –static

fileコマンドで確認すると、ARM用バイナリであることがわかる。

$ file hello
hello: ELF 32-bit LSB executable, ARM, version 1 (SYSV), statically linked, for GNU/Linux 2.6.14, not stripped

 

バイナリ実行

今回、Android EmulatorはWindows上で起動しているため、共有ディレクトリ経由でWindowsに上記で作成したバイナリを持って来る。

その後、EmulatorのSDカードにバイナリを置く。コマンドプロンプトで下記コマンドを実行すればよい。

> adb push hello /sdcard

次にEmulatorのshellを起動する。

> adb shell

ただし、/sdcardはnoexec付きでmountされているため、このままでは実行できない。

# mount
/dev/block//vold/179:0 /sdcard vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,uid=1000,gid=1000,fmask=0711,dmask=0700,allow_utime=0022,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8 0 0

このため、Emulatorを起動して初回実行する前に、下記のコマンドを実行し、実行可能なようにマウントし直す。

# umount /sdcard
# mount –t vfat /dev/block//vold/179:0

これで作成したプログラムを実行できる。

# /sdcard/hello

 

参考

« Google Chrome Beta でhttpsのログイン/ログアウトに不具合 | トップページ | Android EmulatorでSDLを実行してみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/46360774

この記事へのトラックバック一覧です: Portable Ubuntu RemixでAndroidバイナリを作成する:

« Google Chrome Beta でhttpsのログイン/ログアウトに不具合 | トップページ | Android EmulatorでSDLを実行してみる »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ