« coroid-server – Android(HT-03A)でニコニコ動画を視聴する | トップページ | coroid(nicoroid) ver.0.0.0a - Androidからマイリスト追加 »

2010/01/24

カシオ太陽電池式(タフソーラー)腕時計の電池交換を行った

カシオのWVA-400TJというモデルの腕時計を6年半程前に購入したのだが、6年経過後辺りからアラームが鳴らなくなり、最近では頻繁に針が止まってしまうようになったため、サポートへ連絡、修理依頼を行った。

期間は配達の送り戻し期間を含めて4営業日で、料金は送料を除いて2,100円だった。サポートからこちらへの配送料は、カシオ側で負担してくれたようだ。

修理作業報告書から抜粋:

【要因】
性能低下

【修理部位】
二次電池
センターアッシー
モジュール

【修理内容】
交換
防水/防滴検査OK
検査/各部点検

ご連絡: 二次電池の性能が低下していたことによるものです。部品交換・各部点検致しました。

技術料 \0
ニジデンチ \0
機能検査・点検料金 \2,000

サポート問い合わせ時に二次電池の寿命について尋ねたところ、「特に想定しているわけではないが、大体5-6年」というような回答があった。

ちなみに、通常電池の交換料金はこちらにある通り。同じようなモデルだと、通常の電池交換も太陽電池式の電池交換も同料金になるようにしているのだろうか。

機能検査・点検料金についてはこちらに説明がある。

●腕時計の機能に関わる修理を『機能修理』と位置付けて定額修理料金としております
※定額修理料金とは、技術料金、防水検査料金、電池代金、部品代金を含んだ料金です。
機能修理対象故障例
表示部不良、時間のずれ、止まり、データ異常、センサー類不良、電波受信不良、充電不良、電池消耗早い、ボタン部動作不良、針交換、文字板交換、本巻真(リューズ)交換

お手元の腕時計の病状が上記内容に当てはまる場合は修理をお申込み下さい。 所定の基準にて修理料金を自動見積り致します。

検査の結果、正常動作の場合は以下の機能検査・点検料金を申し受けさせていただきます。
[後略]

大体の修理は2,100円のように読めるが、どうなのだろう。

 

参考:

 

補足:

  • タフソーラーの電池交換はカシオの電池交換依頼ページからは申込めない。修理依頼から行うことになる。ただし私の場合はサポートに電話したところ、リペアセンターに送ってくれと言われたので、直接宅配便で送付した。
  • 二次電池交換料金は、Webを検索すると0円~7500円という幅のある情報がヒットする。kakaku.comの書き込みによると、2009年1月までは二次電池交換料金は0円だったらしい。また、カシオのサイトのWeb見積もりのページ(上記修理依頼ページを進めていったところだったと思う)では、私の場合も7500円と出たので、この値段のことではないかと思う。
    • 故障箇所によっては、私の例より高額になる可能性はある。
    • 消費者としては、普通の電池式腕時計よりランニングコストやメンテナンスの面でメリットがあると信じて(メーカもそれを売りにしており)購入したと思うので、寿命が短すぎると考えるのであれば(1年持たなかった例もあるようだ)、それなりの主張をしてみてはどうか。

« coroid-server – Android(HT-03A)でニコニコ動画を視聴する | トップページ | coroid(nicoroid) ver.0.0.0a - Androidからマイリスト追加 »

コメント

えーそうなの!!修理依頼になってしまうんだ・・・初めて知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/47379263

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ太陽電池式(タフソーラー)腕時計の電池交換を行った:

« coroid-server – Android(HT-03A)でニコニコ動画を視聴する | トップページ | coroid(nicoroid) ver.0.0.0a - Androidからマイリスト追加 »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ