« 続ハードディスク運が悪い | トップページ | Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど… »

2010/03/26

coroid ver.0.3.0 全ランキングと詳細情報表示対応

ダウンロードはこちらから。なお、旧バージョンからのアップデートの場合、上書きインストールは行わず、coroidディレクトリ自体を置き換えて下さい。その上で、自身で更新したConfig.groovyの内容の書き換えや、ffmpeg.exeの置換えなどを新しいcoroidに対して行って下さい。また、上記ページの「アップデートに関する注意事項」も参照して下さい。

今回のバージョンからJavaScriptを使用するようになりました。今のところJavaScriptは切っていても動作しますが、将来的にはJavaScriptはONの前提で開発しようと考えています。AndroidでJavaScriptをOFFにして使用されている方がいるのかどうか分からないので、これについてご意見いただければと考えています。

本バージョンの新機能は以下のとおりです。

  • ニコニコ動画サービスが提供しているランキングに全て対応しました。
    • 従来は”カテゴリ合算”のデイリーマイリストランキングだけでした。
  • 詳細情報(サムネイル画像と投稿者メッセージ)が表示できるようになりました。
    • 一覧の動画タイトルをクリックして下さい。
  • 一覧からマイリスト登録ができるようになりました。
    • サムネイル画像をクリックして下さい。
    • マイリストページのサムネイル画像クリックもできるのですが、意味ないです…(既に登録されている動画なので)

 

以下、今後の対応予定について記述します(注:予定は未定)。

ユーザエクスペリエンス的な問題点として、以下のようなものがあると考えています。

  1. 変換処理がどれだけ進んでいるのか分からない
  2. 変換エラー時、エラー理由が分からない(再変換すればOKになるのか、そもそも変換不可能な動画なのか)
  3. 変換が完了したかどうか、ページをリロードしないと分からない
  4. 変換リンクをクリックするとページがリロードされてしまい、ページ表示状態(スクロールしてた場所、詳細情報表示など)がリセットされてしまう
  5. 詳細情報を一旦表示させると、非表示にできない

1.と2.については、今のところ実現方法について全く未検討なのですが、優先度高めで検討していきたいと思っています。

3.については、Ajaxで実現しようと思えばできるはずです。ただ、やり方としてはクライアント(Android端末)からポーリングでサーバ(coroid)へ問い合せることになると思います。そうすると、ネットワークや電池に優しくないなあ、と思いますので、(クライアントがPCであることを前提にするならともかく)Android向け機能としては止めておいた方が良いのかな、と考えています。

4.と5.についてはAjaxで実現できると思いますので検討します。

次に、追加機能として考えていることを以下に挙げます。

  • 検索機能
  • 認証機能
  • 複数マイリスト
  • コメントなどの更新

検索機能の基本的な部分については、既にNicoBrowserのAPI(coroidもこれを利用しています)に実装済みです。ただし、ずいぶん昔に実装して放置しているので、現在のニコニコ動画サービスのページ構成に対応出来ていません。少し修正すれば実現できるでしょう。

認証機能については、coroidではGrailsのプラグインですぐに実現出来ます。ただ、認証機能をつけるとnicoroidの対応が少し面倒かなあ、と。あと、この機能が必要になるのは外のネットワークから利用する場合(例えば3G回線で接続する場合)になると思うのですが、そういった環境で利用されている方はどれくらいいるのでしょう…

複数マイリストの対応は、後方互換性を保ったまますぐ実現できるのですが、nicoroidと一緒に機能追加したいと考えたので今回は見送りました。

最後の「コメントなどの更新」について。nicoroidは現在動画コンテンツとコメントコンテンツをマージして配信する動画を作成しています。このためコメントを更新しようと思うと配信動画の再作成処理が必要になり、ニコニコ動画サービスのようにほぼリアルタイムでコメント更新を行うことができません。対応としては

  • ユーザが再変換要求を行えるようにして、要求を受けた時点で最新コメントで配信動画を再作成する
  • Android側で動画コンテンツとコメントコンテンツをマージする

の2点が考えられます。簡単なのは前者なので、取り敢えずはこの機能を実現しようと思います。後者はこちらのオーバレイ方式にも書いたのですが、今の方式とメリット/デメリットを比較して熟慮しないといけないなあ、というところです。

以上の点や、その他の要望など、ご意見有れば伺いたいと思います。

« 続ハードディスク運が悪い | トップページ | Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/47916120

この記事へのトラックバック一覧です: coroid ver.0.3.0 全ランキングと詳細情報表示対応:

» Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど [雪羽の発火後忘失]
coroidでは、動画変換serviceを作って、そこで動画の処理を行っています。その中で、処理の経過を永続化しています。 class NicoContentService def transcode(){ // (1)処理開始状態を永続化 // (2)変換処理 // (3)処理終了状態を永続化 } } (2)が重たい処理なので、ワーカスレッドを作成し、処理完了を待たずに制御を戻すことにしました。... [続きを読む]

« 続ハードディスク運が悪い | トップページ | Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど… »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ