« Data Lifeguard DiagnosticをUSBブートで利用する | トップページ | coroid ver.0.2.0 – Grails1.2.1対応 »

2010/03/17

未解約端末ではe-mobileの新規契約ができない

ネットブックを衝動買いしてしまったので、有効活用しようと、無線インターネット接続サービスの利用を検討しました。

日常は既にインターネット接続サービスを利用しており、家の中での利用は無線LANでまかなえます。従って、たまに外で使用するときのために、1日定額や1週間定額のような、スポット利用できるサービスが無いか探したところ、e-mobileのEMチャージ、UQ WiMAXのUQ 1Dayというものがあるようでした。

UQ WiMAXの方はLinuxでの動作実績が無いようでしたので、私はe-mobileにしようと決めたのですが、UQ WiMAXはUQ Wi-Fiというサービスも行っているようで、これが利用できるところで頻繁に利用する場合にはUQ WiMAXの方が利便性が高いかもしれません。利用してから気づいたのですが、東海道新幹線は思ったよりトンネルが多く、e-mobileは結構通信が途切れる状況が多かったです。

 

ところで、e-mobileを新規契約する場合、基本的には端末購入と同時に行うようです。webサイトからではその他の手段が提供されていません(以前は必ず端末購入と同時に行う必要が有ったそうです)。

ただし、手元に解約済みの端末がある場合は、その端末の固有番号(IMEI番号)を電話で伝えることで新規契約できるようになったそうです。

じゃあネットオークションなどで出品されている通信端末を入手すれば良いのかというと、結構失敗事例もあるようです。前述の通り、新規契約出来る端末は「解約済み」のものに限るらしく、出品者が解約済みかどうかを明示していない場合もあり、買ったは良いが契約できない事態にも。

私も勘違いしていたのですが、「白ロム」として出品されているものはEM chip(USIM)がついていない、というだけであり、必ずしも解約済みを表している訳ではないそうです、というか、出品の殆どは未解約のものみたいです。

以上、e-mobileの新規契約する場合には未契約(解約済み含む)の端末が必要であると説明しました。

これに加えて、EMチャージ新規契約の場合はもう一つ手段があります。

e-mobileのサポートに連絡すればサービスが自分の生活範囲で利用できるかどうか試用機を借りることができます。これを借りる際にEMチャージの契約が必須になります(クレジットカードが必要です)。この契約は試用機返却後も継続されますので、未解約の端末でも利用できることになります。

…というか諸事情により私が現在その状況で利用しています。ぶっちゃけ手間が掛かるのでおすすめしません。e-mobileのアウトレットを利用するのが、そこそこ低額で手間もかからなくて良いのではないでしょうか。

« Data Lifeguard DiagnosticをUSBブートで利用する | トップページ | coroid ver.0.2.0 – Grails1.2.1対応 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/47833810

この記事へのトラックバック一覧です: 未解約端末ではe-mobileの新規契約ができない:

« Data Lifeguard DiagnosticをUSBブートで利用する | トップページ | coroid ver.0.2.0 – Grails1.2.1対応 »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ