« Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど… | トップページ | Android web browserは非同期POST(Ajax POST)もキャッシュされる場合がある »

2010/04/02

Android web browserのajax(asynchronous request)の挙動が変だ

変だ、というのはあくまで私の想定していた動作と異なるという意味です。勉強始めたばかりなので本当におかしい動作であるのかどうかは確信持てません。詳しい方、ツッコミお待ちしております。

coroidでjQuery.ajaxを用いた非同期のHTTP通信を行うようにしたのですが、HT-03A(Android1.6)のwebブラウザで想定通りに動かない状況が、ある特定条件下で発生しています。

以下、Android webブラウザの挙動の種類、私がjQuery.ajaxで行っている非同期要求の方法を説明し、その後今回発生している問題について述べます。

 

まず、Androidのwebブラウザの挙動について説明します。webブラウザがページを表示する際、以下の3パターンの表示方法があるようです。

  • サーバにリクエストし、レスポンスを表示する(以下、サーバロードと呼称)
    • ハイパーリンクをクリックする、「再読み込み」ボタンを押す、など。
  • メモリからの再表示(?)(以下、メモリロードと呼称)
    • webブラウザでページを表示している状態から、Homeボタンを押してHomeに戻った後、すぐにまたwebを表示させた場合など。
  • キャッシュからの再表示(?)(以下、キャッシュロードと呼称)
    • webブラウザでページを表示している状態から、Homeボタンを押してHomeに戻った後、他のアプリで作業を行って、その後webアプリを起動した場合。
    • coroidでは、intentで動画プレイヤを起動し動画再生終了後webブラウザに戻ってきた場合は大抵これです。

サーバロードとそれ以外のロードは、PCのwebブラウザでもあるので違いはイメージしやすいと思います。

メモリロードとキャッシュロードは、Androidのプロセスライフサイクルの特性(参考:コンポーネントのライフサイクルANDROID developers デベロッパーガイド)によるものでしょう。

メモリロードとキャッシュロードを画面上の表示から見分ける方法は以下のとおりです。メモリロードは、ページを開くと即座に描画が行われます。一方、キャッシュロードは、画面上部にプログレスバーが表示されます。なお、サーバロードでもプログレスバーは表示されますが、キャッシュロードのプログレスバー進捗は、サーバロードに比べて速いです(ネットワークを介しませんので)。

 

次に、私がHTTP非同期通信を行っている方法について説明します。jQueryを用い、xhtmlのhead部で、$(function(){init();});というような形で初期化関数を呼び、初期化関数の中でテキスト文字列をクリックした場合に非同期リクエストを行う、というようなイベントリスナを設定しています。なお、body onload=”init()”という形も試してみましたが、同じ現象が発生しました。

 

本題の、想定外のwebブラウザ動作について述べます。

サーバロード、メモリロードにおいては、非同期リクエストは正常に発行されています。しかし、キャッシュロードにおいては、リクエストもキャッシュされているようで、以前リクエストしたことがあるURLに対しては実際にはサーバにリクエストが行われません。

検索してみたところ、IEでもAjaxリクエストがキャッシュされてしまうという仕様があるようで、これの対策も記載されていました(参考:IEでAjaxリクエストをキャッシュさせない方法 - PHPプロ!ニュース)。

  • GETでなくPOSTを用いる
  • リクエストのパラメータをユニークにする

初めからPOSTリクエストなので前者は実施済み、後者はjQuery.ajaxの引数cacheで設定すれば良さそう(参考:IEにてAjax通信がキャッシュされる、F5でリフレッシュしてもダメ - 不会忘記的一天)なので試してみましたがこちらでもサーバにリクエストは行いませんでした。

上記サイトで記載されているIEでの現象と同様、Android webブラウザも、再読み込みを行ってもキャッシュは消去されないようです。ただし、再読み込みを行うとサーバロードになりますので、再読み込み直後は想定通りサーバにリクエストが行われます。が、色々操作しているうちにまたキャッシュロードモードになると、昔のキャッシュが使用されるようになり、いつの情報だよ、というようなレスポンスを受け取ってしまうことになりました。なお、webブラウザの設定画面で「キャッシュを消去」を選択すると、それ以前のキャッシュは用いられないようです。

 

まとめます。

  • Android1.6のwebブラウザではAjax通信がキャッシュされないモードとされるモードがある。開発者はこのモードを制御することができないし、エンドユーザには見分けがつかない。
  • Ajax通信がキャッシュされるモードでは、POSTだろうがパラメータ変えようが、過去通信したURLに対してはリクエストを行わない。

…というように見える、というのが現時点での私の見解です。

 

追記:

Issue 2171: Web Browser tries to re-download a webpage that has already been loaded.Comment60を見て、そういえばGoogle Readerはどうなっているのだろう、と思ってhttp://www.google.com/reader/i/ で試してみたところ、フィード表示部分はサーバロードかメモリロードになり、キャッシュロードは発生しないように見えました。ヘッダ部の

Expires: Fri, 02 Apr 2010 12:24:47 GMT

Cache-Control: private, max-age=0

あたりが関係しているのかな、と思ってxhtmlのheadにmeta http-equiv="Cache-Control"なんかを設定して試してしてみたのですが、状況は変わりませんでした。

余談になりますが、Should HTTP header "cache-control: private" force "expires" to 0?というMLのメッセージ中に引用されているコメント(原文はこちら)

According to the spec, 'no-cache' means that the content must be re-validated on every load. It does not mean that the content can not be cached.

は気になるところではあります。

後はGmailみたいにhttps通信の場合でも、サーバロードかメモリロードいずれかになるようです。coroidの通信もhttpsにすれば想定する動作になりました。が、根本的な解決策にはなっていないですね…

取り敢えず、Google Readerの動作を検証すべきでしょうね。

« Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど… | トップページ | Android web browserは非同期POST(Ajax POST)もキャッシュされる場合がある »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/47976138

この記事へのトラックバック一覧です: Android web browserのajax(asynchronous request)の挙動が変だ:

» Android web browserは非同期POSTもキャッシュされる場合がある [雪羽の発火後忘失]
前回のエントリで記載した問題が解消しました。原因は以下のとおりでした。 IEではXMLHttpRequestのGETがキャッシュされるため、回避策としてPOSTを利用する、というものがあるが、Android1.6 web browserではPOSTもキャッシュされる場合がある。 jQuery.ajaxの引数”cache”は、GETの場合にしか挙動が変わらない。(jQuery 1.4.1) まず前者... [続きを読む]

« Grailsでワーカスレッドを作ってそこからHibernateで永続化したい、んだけれど… | トップページ | Android web browserは非同期POST(Ajax POST)もキャッシュされる場合がある »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ