« NicoBrowser ver.0.5.0 投稿者設定不具合の修正 | トップページ | coroid ver.0.3.2 Linux対応 »

2010/04/21

coroid-server Linux版

実験的なバイナリであり、動作確認はUbuntu9.10(i386)でのみ行っています(過去にCentOS5.3(i386)でも確認はしています)。

coroid Linux拡張パック最新(2010/04/23, rev2)版をダウンロードする

 

導入方法

1.

coroidのページからcoroid本体(ver.0.3.2以降)をダウンロードし、適当な場所に展開します。また、このページの「動作環境」に書かれている動作環境も設定して下さい。

2.

さきゅばすのNicobrowser拡張 Linux版のページから拡張パックをダウンロードし、展開後の2ファイルを、coroid/binに配置します。また、このページに記載しているSDL関連ライブラリを導入して下さい。

3.

本エントリ冒頭のリンクからcoroid Linux拡張パックをダウンロードし、展開後の2ファイルを同じくcoroid/binに配置します。

4.

coroid/saccubus.xmlを開き、以下の項目を環境に合わせて修正します。

  • FontPath
    • 使用するフォントのパスを指定して下さい。
    • 例: /usr/share/fonts/truetype/ttf-japanese-gothic.ttf
  • FFnpegPath
    • bin/ffmpeg
    • 今気づきましたが誤字ですね…mじゃなくてnになってる…
  • VhookPath
    • bin/libnicovideo.so.1.0.0
  • ShowVideo
    • デフォルトのtrueだと、動画変換過程が動画ウィンドウで表示されます。不要であればfalseを指定してください。

以上がLinuxで動作させるために必要な設定です。後はcoroidのページの「実行方法」の項を参照して下さい。

« NicoBrowser ver.0.5.0 投稿者設定不具合の修正 | トップページ | coroid ver.0.3.2 Linux対応 »

コメント

解説ありがとうございます。

ただ、Convert時にmediainfoが無い旨のエラーがでます。
これは自分でmediainfoをインストールする必要があるのでしょうか
教えてください。

mediainfoは本ページの冒頭リンクからダウンロードできる coroid_linux_bin.tar.gz に含まれていますので、
coroid/bin に移動していただければ動作すると思います。

また、coroid/grails-app/conf/Config.groovy
でmediainfoのパス指定を行うようにしていますが、上記ディレクトリに配置してもらえれば変更する必要はありません。

…というのが想定通りリリース出来ていた場合の状態なのですが、
今直接確認できる環境にいないので、もしかしたらなにかリリースから漏れているかもしれません。

こちらでもなるべく早く確認したいと思いますが、とりあえず上記を確認してみて頂けないでしょうか。

mediainfoの件解決しました。ありがとうございました。

ただ以下のエラーが出てます。
どれでもエラーが出るようです。どこか間違ってるんでしょうか?


CONVERTING: sm3158949 上原マリオをやってみた。

origianl size:-1x-1
adjusted size:-1x-1
[-file_video, web-app/temp/in/7video.flv, -file_comment, web-app/temp/in/7comment.xml, -file_tcomment, web-app/temp/in/7tcomment.xml, -file_output, web-app/temp/out/7output.mp4, -ffmpeg, -vcodec libx264 -g 150 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -me_method umh -subq 6 -me_range 16 -trellis 1 -refs 3 -b 256k -bt 256k -ab 64k -bufsize 512k -maxrate 512k -partitions +parti4x4+partp8x8+partb8x8 -flags +loop -flags2 +mixed_refs -cmp +chroma -keyint_min 25 -sc_threshold 40 -i_qfactor 0.71 -coder 0 -level 21 -s -1x-1]
java.io.IOException: 取得失敗
at saccubus.prompt.Prompt.execute(Prompt.java:91)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PojoMetaMethodSite$PojoCachedMethodSiteNoUnwrapNoCoerce.invoke(PojoMetaMethodSite.java:229)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PojoMetaMethodSite.call(PojoMetaMethodSite.java:52)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.call(AbstractCallSite.java:133)
at yukihane.coroid.NicoContentService$_transcode_closure1.doCall(NicoContentService.groovy:59)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite$PogoCachedMethodSite.invoke(PogoMetaMethodSite.java:225)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite.callCurrent(PogoMetaMethodSite.java:51)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.callCurrent(AbstractCallSite.java:151)
at yukihane.coroid.NicoContentService$_transcode_closure1.doCall(NicoContentService.groovy)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.reflection.CachedMethod.invoke(CachedMethod.java:86)
at groovy.lang.MetaMethod.doMethodInvoke(MetaMethod.java:234)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:1049)
at groovy.lang.ExpandoMetaClass.invokeMethod(ExpandoMetaClass.java:923)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:880)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:279)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:274)
at groovy.lang.Closure$call.call(Unknown Source)
at BackgroundService$_execute_closure1.doCall(BackgroundService.groovy:13)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite$PogoCachedMethodSite.invoke(PogoMetaMethodSite.java:225)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite.callCurrent(PogoMetaMethodSite.java:51)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.callCurrent(AbstractCallSite.java:151)
at BackgroundService$_execute_closure1.doCall(BackgroundService.groovy)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.reflection.CachedMethod.invoke(CachedMethod.java:86)
at groovy.lang.MetaMethod.doMethodInvoke(MetaMethod.java:234)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:1049)
at groovy.lang.ExpandoMetaClass.invokeMethod(ExpandoMetaClass.java:923)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:880)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:279)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:274)
at groovy.lang.Closure.run(Closure.java:355)
at BackgroundThreadManager$1.run(BackgroundThreadManager.java:90)
at java.lang.Thread.run(Thread.java:619)
Caused by: java.util.concurrent.ExecutionException: java.lang.IllegalArgumentException: すいません。現在vhookライブラリには半角空白は使えません。
at java.util.concurrent.FutureTask$Sync.innerGet(FutureTask.java:222)
at java.util.concurrent.FutureTask.get(FutureTask.java:83)
at saccubus.prompt.Prompt.execute(Prompt.java:86)
... 51 more
Caused by: java.lang.IllegalArgumentException: すいません。現在vhookライブラリには半角空白は使えません。
at saccubus.converter.Converter.validSetting(Converter.java:181)
at saccubus.converter.Converter.runConvert(Converter.java:75)
at saccubus.converter.Converter.call(Converter.java:52)
at saccubus.converter.Converter.call(Converter.java:24)
at java.util.concurrent.FutureTask$Sync.innerRun(FutureTask.java:303)
at java.util.concurrent.FutureTask.run(FutureTask.java:138)
at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor$Worker.runTask(ThreadPoolExecutor.java:886)
at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor$Worker.run(ThreadPoolExecutor.java:908)
... 1 more
COMPLETED: sm3158949 上原マリオをやってみた

問題が2点あるように見えます。

1点目。
> Caused by: java.lang.IllegalArgumentException: すいません。現在vhookライブラリには半角空白は使えません。
> at saccubus.converter.Converter.validSetting(Converter.java:181)
この例外は、coroid/saccubus.xml中のVhookPath項目設定値にスペースが含まれている場合に発生します。
bin/libnicovideo.so.1.0.0
という設定になっているか見直してもらえますでしょうか。

2点目。
冒頭の
> origianl size:-1x-1
の部分ですが、動画サイズ判定が正しく行えていないようです。

http://yukihane.dip.jp/dist/nicoroid/20100420/debug/MediaInfoWrapper.jar
をcoroid/lib/に入れて(事前にオリジナルのファイルは別の場所にとっておいて下さい)実行し、
出力を教えてもらえないでしょうか。
*** MEDIAINFO DEBUG START ***
から
*** MEDIAINFO DEBUG END ***
までの部分で結構です。

空白の件は、xmlの修正で直りました。ご指摘ありがとうございます。

以下がデバッグログの結果です。

*** MEDIAINFO DEBUG START ***
PARAM: bin/mediainfo, web-app/temp/in/2video.flv
* STD OUT *
* ERR OUT *
bin/mediainfo: /usr/lib/libstdc++.so.6: version `GLIBCXX_3.4.9' not found (required by bin/mediainfo)
bin/mediainfo: /usr/lib/libstdc++.so.6: version `GLIBCXX_3.4.11' not found (required by bin/mediainfo)
EXIT VALUE: 1
RESULT: -1x-1
*** MEDIAINFO DEBUG END ***

Glibのバージョンが古いようです。調べてみましたがどうやら古いのは確定です。

# objdump -p /usr/lib/libstdc++.so.6

/usr/lib/libstdc++.so.6: file format elf32-i386

Program Header:
LOAD off 0x00000000 vaddr 0x00000000 paddr 0x00000000 align 2**12
filesz 0x000dd234 memsz 0x000dd234 flags r-x
LOAD off 0x000dd8e0 vaddr 0x000de8e0 paddr 0x000de8e0 align 2**12
filesz 0x000040c8 memsz 0x00009df8 flags rw-
DYNAMIC off 0x000e097c vaddr 0x000e197c paddr 0x000e197c align 2**2
filesz 0x000000f0 memsz 0x000000f0 flags rw-
TLS off 0x000dd8e0 vaddr 0x000de8e0 paddr 0x000de8e0 align 2**2
filesz 0x00000000 memsz 0x00000008 flags r--
EH_FRAME off 0x000bcdd4 vaddr 0x000bcdd4 paddr 0x000bcdd4 align 2**2
filesz 0x00004efc memsz 0x00004efc flags r--
STACK off 0x00000000 vaddr 0x00000000 paddr 0x00000000 align 2**2
filesz 0x00000000 memsz 0x00000000 flags rw-
RELRO off 0x000dd8e0 vaddr 0x000de8e0 paddr 0x000de8e0 align 2**0
filesz 0x00003708 memsz 0x000036f8 flags r--

Dynamic Section:
NEEDED libm.so.6
NEEDED libgcc_s.so.1
NEEDED libc.so.6
NEEDED ld-linux.so.2
SONAME libstdc++.so.6
INIT 0x3b5dc
FINI 0xb8af4
GNU_HASH 0x114
STRTAB 0x11ef4
SYMTAB 0x5264
STRSZ 0x21f03
SYMENT 0x10
PLTGOT 0xe1ff4
PLTRELSZ 0x1030
PLTREL 0x11
JMPREL 0x3a5ac
REL 0x35a14
RELSZ 0x4b98
RELENT 0x8
VERDEF 0x3578c
VERDEFNUM 0xc
VERNEED 0x35924
VERNEEDNUM 0x3
VERSYM 0x33df8
RELCOUNT 0x1f5

Version definitions:
1 0x01 0x025f4d66 libstdc++.so.6
2 0x00 0x08922974 GLIBCXX_3.4
3 0x00 0x02297f81 GLIBCXX_3.4.1
GLIBCXX_3.4
4 0x00 0x02297f82 GLIBCXX_3.4.2
GLIBCXX_3.4.1
5 0x00 0x02297f83 GLIBCXX_3.4.3
GLIBCXX_3.4.2
6 0x00 0x02297f84 GLIBCXX_3.4.4
GLIBCXX_3.4.3
7 0x00 0x02297f85 GLIBCXX_3.4.5
GLIBCXX_3.4.4
8 0x00 0x02297f86 GLIBCXX_3.4.6
GLIBCXX_3.4.5
9 0x00 0x02297f87 GLIBCXX_3.4.7
GLIBCXX_3.4.6
10 0x00 0x02297f88 GLIBCXX_3.4.8
GLIBCXX_3.4.7
11 0x00 0x056bafd3 CXXABI_1.3
12 0x00 0x0bafd171 CXXABI_1.3.1
CXXABI_1.3

Version References:
required from ld-linux.so.2:
0x0d696913 0x00 20 GLIBC_2.3
required from libgcc_s.so.1:
0x09276060 0x00 22 GCC_4.2.0
0x0d696910 0x00 21 GLIBC_2.0
0x0b792653 0x00 19 GCC_3.3
0x0b792650 0x00 16 GCC_3.0
required from libc.so.6:
0x09691972 0x00 24 GLIBC_2.3.2
0x0d696914 0x00 23 GLIBC_2.4
0x0d696911 0x00 18 GLIBC_2.1
0x0d696913 0x00 17 GLIBC_2.3
0x09691f73 0x00 15 GLIBC_2.1.3
0x0d696910 0x00 14 GLIBC_2.0
0x0d696912 0x00 13 GLIBC_2.2
#


こちらの環境はCentOS5です。
レンタルのVPSで運用を考えているのでCentOSをターゲットとしています。
何か修正点がありましたらご指摘願います。

すみません、static linkしてたつもりが全然そうなってませんでした…

・coroid/saccubus.xml の"VhookDisabled" を true に設定
・下記バイナリを coroid/bin に配置(mediainfoとffmpegをスタティックリンクでビルドしなおしています)
http://yukihane.dip.jp/dist/imcubus/20100423/saccubus_linux_bin_rev2.tar.gz
http://yukihane.dip.jp/dist/nicoroid/20100423/coroid_linux_bin_rev2.tar.gz

で、CentOS5.3で動作確認しました。
ただし、このバイナリだとコメントの埋め込みができません…

コメント埋め込み機能の部分(具体的にはlibnicovideo.so.1.0.0)もstatick linkできれば環境依存の問題は解消すると思うのですが、
私の知識不足と、メイン環境のOSが飛んでしまった、という理由でバイナリを作成するのにはかなり時間がかかりそうです。

ので、取り敢えず、さきゅばすのネイティブバイナリ部分のビルド方法説明を記述することにして、
その部分は各自でビルドしてもらうということにしようかと思ってます。
(ソースは http://feather.cocolog-nifty.com/weblog/2009/12/nicobrowser-20b.html
のものが利用できるのですが、msys/mingw環境前提だったので、Linuxでビルドするにはちょこちょこ修正が
必要なようです )

あと、本件とは全然関係なく、後学のために教えていただきたいのですが、
レンタルサーバってどの程度の権限がもらえるものなんでしょうか。
VPSだとroot権限がもらえてyumでパッケージのインストールも自由、ビルド環境も特段制限なく整えられる、とかいうのが一般的だったりするのでしょうか。

回答ありがとうございます。

公開して頂いたライブラリでやってみたいと思います。

VPSですが、今回は以下のサービスでやろうと思ってます。
http://dream.jp/vps/

Entryだとメモリが厳しいので、それ以上になると思います。
(現在は、VMWare上の仮想環境で試してます)

rootが使えるので、自由に使えます。
rootで出来ることはすべてできます。(yumやF/Wの設定もできます)

ありがとうございます。パッケージが利用できる前提を置けるのであれば、自力ビルドの負担を減らせますね…

以下のようなエラーが出ています。
vmware仮想環境下ubuntu9.10です。


CONVERTING: sm10478203 「ACFA」戦場のカメラマン(ネタとロマンの詰め合わせ)「MAD」
origianl size:512x384
adjusted size:426x320
[-file_video, web-app/temp/in/1video.mp4, -file_comment, web-app/temp/in/1comment.xml, -file_tcomment, web-app/temp/in/1tcomment.xml, -file_output, web-app/temp/out/1output.mp4, -ffmpeg, -vcodec libx264 -g 150 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -me_method umh -subq 6 -me_range 16 -trellis 1 -refs 3 -b 256k -bt 256k -ab 64k -bufsize 512k -maxrate 512k -partitions +parti4x4+partp8x8+partb8x8 -flags +loop -flags2 +mixed_refs -cmp +chroma -keyint_min 25 -sc_threshold 40 -i_qfactor 0.71 -coder 0 -level 21 -s 426x320]
Start converting to interval file.
Converting finished.
Start converting to interval file.
Converting finished.
arg: bin/ffmpeg -y -i web-app/temp/in/1video.mp4 -vcodec libx264 -g 150 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -me_method umh -subq 6 -me_range 16 -trellis 1 -refs 3 -b 256k -bt 256k -ab 64k -bufsize 512k -maxrate 512k -partitions +parti4x4+partp8x8+partb8x8 -flags +loop -flags2 +mixed_refs -cmp +chroma -keyint_min 25 -sc_threshold 40 -i_qfactor 0.71 -coder 0 -level 21 -s 426x320 -vfilters vhext=bin/libnicovideo.so.1.0.0|--data-user:web-app%2Ftemp%2Fvhk8870456175701423906.tmp|--data-owner:web-app%2Ftemp%2Ftcom2312208784518400164.tmp|--font:%2Fusr%2Fshare%2Ffonts%2Ftruetype%2Fsazanami%2Fsazanami-gothic.ttf|--font-index:1|--show-user:30|--shadow:1|--enable-show-video|--enable-fix-font-size| web-app/temp/out/1output.mp4


----
Processing FFmpeg...
----


FFmpeg version UNKNOWN, Copyright (c) 2000-2010 Fabrice Bellard, et al.
built on Apr 13 2010 12:43:28 with gcc 4.4.1
configuration: --prefix=/home/yuki --enable-memalign-hack --enable-gpl --enable-postproc --enable-avfilter --enable-pthreads --enable-libx264 --disable-ffplay --extra-ldflags=-L/home/yuki/lib --disable-decoder=aac --enable-libfaad
libavutil 50. 7. 0 / 50. 7. 0
libavcodec 52.48. 0 / 52.48. 0
libavformat 52.47. 0 / 52.47. 0
libavdevice 52. 2. 0 / 52. 2. 0
libavfilter 1.17. 0 / 1.17. 0
libswscale 0. 9. 0 / 0. 9. 0
libpostproc 51. 2. 0 / 51. 2. 0

Seems stream 0 codec frame rate differs from container frame rate: 60.00 (60/1) -> 30.00 (30/1)
Input #0, mov,mp4,m4a,3gp,3g2,mj2, from 'web-app/temp/in/1video.mp4':
Metadata:
major_brand : isom
minor_version : 1
compatible_brands: isom
copyright :
copyright-eng :
Duration: 00:03:40.63, start: 0.000000, bitrate: 1399 kb/s
Stream #0.0(und): Video: h264, yuv420p, 512x384, 1338 kb/s, 30 fps, 30 tbr, 30k tbn, 60 tbc
Stream #0.1(und): Audio: libfaad, 44100 Hz, 2 channels, s16, 59 kb/s
[vhext @ 0x907ce20][libavfilter/VhookExt Filter]called with args = bin/libnicovideo.so.1.0.0|--data-user:web-app%2Ftemp%2Fvhk8870456175701423906.tmp|--data-owner:web-app%2Ftemp%2Ftcom2312208784518400164.tmp|--font:%2Fusr%2Fshare%2Ffonts%2Ftruetype%2Fsazanami%2Fsazanami-gothic.ttf|--font-index:1|--show-user:30|--shadow:1|--enable-show-video|--enable-fix-font-size|.
commandline read: ffmpeg
commandline read: -y
commandline read: -i
commandline read: web-app/temp/in/1video.mp4
commandline read: -vcodec
commandline read: libx264
commandline read: -g
commandline read: 150
commandline read: -qmin
commandline read: 10
commandline read: -qmax
commandline read: 51
commandline read: -qdiff
commandline read: 4
commandline read: -me_method
commandline read: umh
commandline read: -subq
commandline read: 6
commandline read: -me_range
commandline read: 16
commandline read: -trellis
commandline read: 1
commandline read: -refs
commandline read: 3
commandline read: -b
commandline read: 256k
commandline read: -bt
commandline read: 256k
commandline read: -ab
commandline read: 64k
commandline read: -bufsize
commandline read: 512k
commandline read: -maxrate
commandline read: 512k
commandline read: -partitions
commandline read: +parti4x4+partp8x8+partb8x8
commandline read: -flags
commandline read: +loop
commandline read: -flags2
commandline read: +mixed_refs
commandline read: -cmp
commandline read: +chroma
commandline read: -keyint_min
commandline read: 25
commandline read: -sc_threshold
commandline read: 40
commandline read: -i_qfactor
commandline read: 0.71
commandline read: -coder
commandline read: 0
commandline read: -level
commandline read: 21
commandline read: -s
commandline read: 426x320
commandline read: -vfilters
commandline read: vhext=bin/libnicovideo.so.1.0.0|--data-user:web-app%2Ftemp%2Fvhk8870456175701423906.tmp|--data-owner:web-app%2Ftemp%2Ftcom2312208784518400164.tmp|--font:%2Fusr%2Fshare%2Ffonts%2Ftruetype%2Fsazanami%2Fsazanami-gothic.ttf|--font-index:1|--show-user:30|--shadow:1|--enable-show-video|--enable-fix-font-size|
commandline read: web-app/temp/out/1output.mp4

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~| DirectFB 1.2.7 |~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(c) 2001-2008 The world wide DirectFB Open Source Community
(c) 2000-2004 Convergence (integrated media) GmbH
----------------------------------------------------------------

(*) DirectFB/Core: Single Application Core. (2009-06-02 06:33)
(!) Direct/Util: opening '/dev/fb0' and '/dev/fb/0' failed
--> No such file or directory
(!) DirectFB/FBDev: Error opening framebuffer device!
(!) DirectFB/FBDev: Use 'fbdev' option or set FRAMEBUFFER environment variable.
(!) DirectFB/Core: Could not initialize 'system_core' core!
--> Initialization error!
[vhext @ 0x907ce20][libavfilter/VhookExt Filter]Failed to configure.Code:-3
error initializing filter 'vhext' with args 'bin/libnicovideo.so.1.0.0|--data-user:web-app%2Ftemp%2Fvhk8870456175701423906.tmp|--data-owner:web-app%2Ftemp%2Ftcom2312208784518400164.tmp|--font:%2Fusr%2Fshare%2Ffonts%2Ftruetype%2Fsazanami%2Fsazanami-gothic.ttf|--font-index:1|--show-user:30|--shadow:1|--enable-show-video|--enable-fix-font-size|'
(!) [17761: 0.000] --> Caught signal 11 (at (nil), invalid address) <--
java.io.IOException: 取得失敗
at saccubus.prompt.Prompt.execute(Prompt.java:91)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PojoMetaMethodSite$PojoCachedMethodSiteNoUnwrapNoCoerce.invoke(PojoMetaMethodSite.java:229)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PojoMetaMethodSite.call(PojoMetaMethodSite.java:52)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.CallSiteArray.defaultCall(CallSiteArray.java:40)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.call(AbstractCallSite.java:117)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.call(AbstractCallSite.java:133)
at yukihane.coroid.NicoContentService$_transcode_closure1.doCall(NicoContentService.groovy:59)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite$PogoCachedMethodSite.invoke(PogoMetaMethodSite.java:225)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite.callCurrent(PogoMetaMethodSite.java:51)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.CallSiteArray.defaultCallCurrent(CallSiteArray.java:44)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.callCurrent(AbstractCallSite.java:143)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.callCurrent(AbstractCallSite.java:151)
at yukihane.coroid.NicoContentService$_transcode_closure1.doCall(NicoContentService.groovy)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.reflection.CachedMethod.invoke(CachedMethod.java:86)
at groovy.lang.MetaMethod.doMethodInvoke(MetaMethod.java:234)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:1049)
at groovy.lang.ExpandoMetaClass.invokeMethod(ExpandoMetaClass.java:923)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:880)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:279)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:274)
at groovy.lang.Closure$call.call(Unknown Source)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.CallSiteArray.defaultCall(CallSiteArray.java:40)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.call(AbstractCallSite.java:117)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.call(AbstractCallSite.java:121)
at BackgroundService$_execute_closure1.doCall(BackgroundService.groovy:13)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite$PogoCachedMethodSite.invoke(PogoMetaMethodSite.java:225)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.PogoMetaMethodSite.callCurrent(PogoMetaMethodSite.java:51)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.CallSiteArray.defaultCallCurrent(CallSiteArray.java:44)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.callCurrent(AbstractCallSite.java:143)
at org.codehaus.groovy.runtime.callsite.AbstractCallSite.callCurrent(AbstractCallSite.java:151)
at BackgroundService$_execute_closure1.doCall(BackgroundService.groovy)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:39)
at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:25)
at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:597)
at org.codehaus.groovy.reflection.CachedMethod.invoke(CachedMethod.java:86)
at groovy.lang.MetaMethod.doMethodInvoke(MetaMethod.java:234)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:1049)
at groovy.lang.ExpandoMetaClass.invokeMethod(ExpandoMetaClass.java:923)
at groovy.lang.MetaClassImpl.invokeMethod(MetaClassImpl.java:880)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:279)
at groovy.lang.Closure.call(Closure.java:274)
at groovy.lang.Closure.run(Closure.java:355)
at BackgroundThreadManager$1.run(BackgroundThreadManager.java:90)
at java.lang.Thread.run(Thread.java:619)
Caused by: java.io.IOException: ffmpeg変換処理が正常に終了しませんでした。
at saccubus.prompt.Prompt.execute(Prompt.java:88)
... 60 more
COMPLETED: sm10478203 「ACFA」戦場のカメラマン(ネタとロマンの詰め合わせ)「MAD」

karasuさん、はじめまして。雪羽です。
すみません、今すぐに調査できる状況ではないのですが、取り急ぎ。

エラー原因は、記載ログ中のうち、下記のDirectFBの部分になります。

(!) Direct/Util: opening '/dev/fb0' and '/dev/fb/0' failed
--> No such file or directory
(!) DirectFB/FBDev: Error opening framebuffer device!
(!) DirectFB/FBDev: Use 'fbdev' option or set FRAMEBUFFER environment variable.
(!) DirectFB/Core: Could not initialize 'system_core' core!
--> Initialization error!

この出力で検索をかけてみると、Ubuntu/VMwareで同様の事象が見つかるようですが、そちらに記載の例で
解消できないでしょうか。

また、coroid/saccubus.xml中の"ShowVideo"をfalseにするとどうでしょう。
SDLでの画面表示を行わなくなるので、上記エラーが発生しなくなるかもしれません。
(ただ、発生箇所が初期化処理の中なので、うまくいく可能性は低いです…)

雪羽 さま
すばやいお返事ありがとうございます
いただいた情報を元に確認を行います

仕事がひと段落着いたらorz

ので結果報告が遅れます。

rootに昇格、
modprobe vga16fb
でフレームバッファを動かす
"ShowVideo"をfalse
で無事動作しました。

karasuさん、雪羽です。
動作したようで何よりです。
Xのことを失念するくらい大前提で考えていたので、
フレームバッファ環境で動くかどうかなんて考えたこともありませんでした…

ShowVideoをfalseにすれば動作するんですね…ありがとうございます。またこちらでも試してみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/48141245

この記事へのトラックバック一覧です: coroid-server Linux版:

» coroid ver.0.3.2 Linux対応 [雪羽の発火後忘失]
本バージョンはLinux対応のみの修正で、機能的な追加点はありません。 coroidをLinuxで動かせないか、という質問がありましたので、Linux用のバイナリを作成してみました。導入手順はこちらに記載しています。 上記のページにも記載していますが、SDL系のライブラリは添付していませんので別途導入する必要があります。 soを用いるLinuxバイナリを配布した経験がないので、もしかすると環境によ... [続きを読む]

» さきゅばす拡張とcoroidのCentOS対応 [雪羽の発火後忘失]
バイナリをビルドし直しましたので、CentOS5.3上でもUbuntu上と同じ機能が利用できるようになった…と思います。すみません、”対応”と言いながら実行環境が無いので本当に動作するかは試せていません。 Wikipediaによると、CentOSは”大手レンタルサーバ会社の低価格プランで[中略]採用される事例が多い”、とのことなので対応しておいた方が後々のために良いのかな、と。 ちなみに、こちらに... [続きを読む]

» coroid-server用(さきゅばす用)ffmpegのビルド手順 on Linux [雪羽の発火後忘失]
なんとか環境が整えられてきましたので、以前宣言していましたLinux用ffmpegのビルド手順を記載します。 さきゅばす(と、さきゅばすを利用しているcoroid)ではコメント埋め込み用のフィル多機能をffmpegに追加している関係で、一般的な野良ビルドffmpegは利用できません。また、私が同梱しているffmpegはFAACをリンクしていないため、音質がかなり悪いです。従って、基本的には利用者自... [続きを読む]

« NicoBrowser ver.0.5.0 投稿者設定不具合の修正 | トップページ | coroid ver.0.3.2 Linux対応 »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ