« ループ内で変数を宣言しない方が良いのか | トップページ | さきゅばすのNicoBrowser拡張 1.4.2 アクセス先URL変更(暫定)対応 »

2010/05/11

ScalaスケーラブルプログラミングをScala2.8RC1で読む その1

実は一気読みしようと思っていたのですが、全く進んでません…関数型言語なめてました。そんなわけで第一弾です。

本書はScalaバージョン2.7.2をベースにしたScala言語の解説書です。

一方、現在のScalaの最新バージョンは2.7.7で、次バージョン2.8のRC1もリリースされている状況です。また、IDEのプラグインの対応についても、NetBeans6.8では2.8RC1向けのもののみ存在し、Eclipseについても2.8向けのプラグインの出来の方が2.7向けのものより良いという話を聞きます。

ですので、せっかくなんだから2.8RC1で始めるのが良いのではないかと考え、その上で詰まったところ等をメモしていこうと思っています。

…って、公式サイト確認したら先程RC2リリースされちゃったみたいですが。

 

参考サイト

 

TIPS

TIPS、といっても1点だけなんですが。コードを打ち込む際、scalaコマンドでインタプリタを起動して直接タイプするとtypoしたとき悔しい思いをすることになります。それを避けるため、コードはファイルに保存し、インタプリタ上では :load <ファイル名> コマンドでロードすると良いかと思います(ちなみに私はコマンドにコロンを付け忘れていてはまりました)。

 

2.7.2からの変更点

11章(p.202)までしか読めていませんので、その範囲で。

初っ端でコンパイルが通らなかったので色々変わっているのかな、と身構えていたのですが、どうやらコンパイルエラーになるのはこの1点だけのようでした。

p.68 リスト3.10, p.128 リスト7.8, p.142 リスト8.1, p.144 リスト8.2で登場する、

Source.fromFile(args(0)).getLines

は、2.8では

Source.fromPath(args(0)).getLines()

というメソッドに変更になったようです。

その他、コンパイルエラーになるわけではないですが、気づいた変更点を。

 

p.103 表5.5

scala.runtime.RichStringクラスは無くなっています。p.90で出てきたstripMarginメソッドみたいなものは、実はscala.collection.immutable.WrappedStringクラスのメソッドになっているようです。(こういう点が「下位バージョンとバイナリ互換性が無い」という理由なんでしょうか。)

 

p.135 7.6節 breakとcontinueを使わずに済ませる

Scala2.8ではbreakが導入されたそうです[参考]。

 

p.183 10.9節 多相性と動的束縛

Array.makeメソッドはdeprecatedになり、コンパイル時に警告が出ます。

Array.make(height, line)

Array.fill(height)(line)

とするようです。

 

p.187 10.12節 above、beside、toStringの実装

Elementクラスにaboveメソッド

def above(that: Element): Element =
  new ArrayElement(this.contents ++ that.contents)

を追加すると、前述TIPSで記述した:loadコマンドを使う方法では、型が違う、と怒られてしまいます。:loadコマンドの出力を見る限り、クラスの定義は1つずつ認識しているようなので、ElementとArrayElementが継承関係であることを認識できない、つまりクラス定義内ではアップキャスト不可、ということになります。(事前にArrayElementクラスの定義をしておき、Elementクラスをextendsしていることを明示していてもNGでした。つまりこの動作はクラス定義の順に依らない。)

普通にscalacでコンパイルすると通りますので、こういったものについてはインタプリタではなくscalaコマンドでの実行が必要みたいです。

 

感想・疑問点など

上で登場したgetLinesメソッド、なぜgetLinesの後に”()”が必要なのでしょうか。本書p.93には、”後置演算子は、ドットや括弧を付けずに呼び出される引数なしのメソッドである。Scalaでは、メソッド呼び出しの空括弧を省略できる”とありますので、省略できそうに思われるのですが。

と思い、APIドキュメントを見てみると、引数が無い(ように見える)メソッドには3つのパターンがあるようです。

  1. RichInt#toString() のように、後ろに括弧がついているもの - 空括弧メソッド(empty-paren methods)
  2. RichInt#toHexString のように、後ろに括弧がないもの - パラメータなしメソッド(parameterless methods)
  3. Source#getLines(separator: String = scala.compat.Platform.EOL) のように、引数を取るがデフォルト値があるもの

上述した引用文は、このうちパターン1.について述べているようです。toStringは括弧有りでも無しでも動作しました。一方、パターン2.は括弧をつけるとコンパイルエラー、パターン3.は括弧をつけないとコンパイルエラーになります。

括弧の省略をOKにするのならば、上記全てのパターンにおいて括弧つけてもつけなくてもOK、というのが統一的な動作であると思うのですが、何か意図があるのでしょうかね。ちなみに、パターン1.と2.のどちらを用いて実装すべきかの指針はp.174 10.3節『パラメーター無しメソッドの定義』で説明されています(が、toStringとtoHexStringの例を見る限り、あんまり統一されてないのかな、とも思います)。

 

諸々:

  • インタプリタで関数を定義した時の出力(引数の部分の表示)が変わっている。
  • セミコロンが省略できたりできなかったり、小括弧”()”が省略できたりできなかったり、小括弧の代わりに中括弧”{}”が使える箇所があったり、書いたり読んだりするのに慣れが必要そう。
  • <- とか => とかタイピングしにくい…マイナスとイコールってShiftキー押すか押さないかだからしょっちゅう間違う。JISキーボードと相性悪いぞこれ。
  • 行末のアンダーライン”_”を見るとVBを思い出しますね。用途は全然違いますが。
  • Javaとの互換性というか整合性というか、そういう部分については、ScalaよりGroovyの方が重きをおいて言語仕様考えてるんだろうな、というふうに見えます。
  • 部分適用とカリー化が別物、というのは理解しましたが、Groovyのは部分適用であってカリー化じゃないだろ、っていう辺りはまださっぱりです…

« ループ内で変数を宣言しない方が良いのか | トップページ | さきゅばすのNicoBrowser拡張 1.4.2 アクセス先URL変更(暫定)対応 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/48329037

この記事へのトラックバック一覧です: ScalaスケーラブルプログラミングをScala2.8RC1で読む その1:

« ループ内で変数を宣言しない方が良いのか | トップページ | さきゅばすのNicoBrowser拡張 1.4.2 アクセス先URL変更(暫定)対応 »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ