« Sony Reader Touch Edition(PRS-600) 日本語化後のAbout画面 | トップページ | Google Reader は30日以上、10,000件以上の未読管理ができない »

2010/08/15

Sony Reader Touch Edition(PRS-600) 実際の表示例をいくつか

紙の本から電子化したものは、FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500で取り込んでPDF化したものを、ChainLPを利用して解像度や余白の最適化、本文太字化を行ったものです。

600dpiで取り込んだのですが、取り込み直後のPDFだと重すぎてページめくりが苦痛で、また、文字も読みにくいため、ChainLPでの後処理は必須だと思います。これについては時間があればまた今度…

追記:

このエントリを見返して、ちょっとこのキャプチャを見て実物がこんなものだ、と想像するのには適さないかな…と思いました。

  • キャプチャでは、スキャナで取り込んで電子化したものは背景が真っ白で、ebook(PDF)のものはそうではないように見えるが、実物ではどちらも変わらない
    • スキャナで取り込んだものについても、背景は真っ白ではない(キャプチャほどコントラストは高くない)
    • じゃあキャプチャより見難くなるのか、という点については全く異なり、むしろ実物の方が読みとりやすい。
  • キャプチャはかなり圧縮されておりモスキートノイズが目立ち、小さい文字が読みづらいように見えるが、実物ではこんなに見難くない。
    • 下の例で挙げている「初めてのRuby」の文字サイズでも難なく読み取れます。

日本では手にとって見ることができない商品なので、少しでも情報を提供できれば…と考えて本エントリを投稿したのですが、あまり有意義なものにはならなかったようです。

 

1つめは、私が一番多く所有しているサイズの本です。A5版という型だそうで、Amazonの表記では21 x 15 x 2.4 cmとなっていました。

screen102

 

2つめは、これも最近よく利用しているmanning社のebook(pdf)です。

screen103

上図はフォントをSサイズでキャプチャしたものです。キャプチャした時点でかなり圧縮されるようで、モスキートノイズが目立ちますが、実際はもちろんこういうノイズはありません。ただ、文字のサイズがご覧の通りで、実用的ではありません。レイアウトは再現できているのですが。

screen104

上図はMサイズでキャプチャしたものです。私は普段これで読んでいます。本来の1ページ分が2ページに分かれてしまうので、ページめくりがちょっと面倒臭くなります。

screen105

上図はSサイズで横回転(PRS-600上で設定できます)させたものです。この設定で使ったことはないのですが、これもよさそうですね。余白がもったいないですが、レイアウト重視の場合はこちらでしょうか。

 

3つめは標準的なサイズのオライリー本を取り込んだものです。B5変判…であっているのかな?Amazonでは24 x 18.6 x 1.6 cmとなっています。

screen116

書籍を電子化してRPS-600で見ると、横の余白がもったいないと感じるのですが、オライリーのものは特に横が余ります…断裁するまで気がつかなかったのですが、オライリー本って結構余白ありますよね。もうちょっと詰めてくれればページ数も少なくなり持ち運びも楽になるのですが。

 

4つめは新書判です。今のところ新書はこれしか電子化していませんので例に出しましたが、Amazonではイメージが登録されていませんでした…

screen113

十分でしょう。私は文庫サイズのものを一冊も電子化していないので例を挙げることはできませんが、こちらで大体想像できるのではないでしょうか。

最後に前エントリで載せました「これからの「正義」の話をしよう」のPDFです。

screen110

上図はデフォルトの縦Sサイズ表示です。全く実用的ではありません…

screen112

上図はMサイズです。Mサイズにするとなぜかデフォルトがこの向きになっていて、Mサイズのまま縦方向に回転すると上下逆に表示されてしまいました。縦書きの文章でもちゃんと表示できているのがわかると思います(肩の部分の章表示は横を向いていますが)。

« Sony Reader Touch Edition(PRS-600) 日本語化後のAbout画面 | トップページ | Google Reader は30日以上、10,000件以上の未読管理ができない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/49154353

この記事へのトラックバック一覧です: Sony Reader Touch Edition(PRS-600) 実際の表示例をいくつか:

« Sony Reader Touch Edition(PRS-600) 日本語化後のAbout画面 | トップページ | Google Reader は30日以上、10,000件以上の未読管理ができない »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ