« Android Virtual Devices(AVD)を起動するとインターネット接続できなくなる | トップページ | BazaarでExcelファイルをバージョン管理しようとしたがうまくいかなかった »

2010/12/12

svn revertするとファイルが消えてしまった

よく分からなくなってもsvn updateとsvn revertやればどんな状態からでも復帰できるだろう、と考えてる私みたいな人だとはまってしまうと思いますので、知識として頭の片隅に置いておくと良いかと思います。

Subversion1.6よりtree conflict機能が追加されたそうですが、これとatomic replace機能が競合している気がします。

試したのはTortoiseSVN1.6.12とSilkSVN1.6.13ですが、1.6以降であればどのクライアントでも発生すると思います。

 

手順

2人のユーザ(A,B)が同じファイルをそれぞれのワーキングコピーで編集している想定です。

  1. ユーザAが自分のワーキングコピーでファイル”file.txt”を削除します。(svn delete file.txt)
  2. その後、ユーザAはcommitを行わずに同名ファイルを追加します。(svn add file.txt)
  3. ユーザAは上記をコミットします。(svn commit file.txt)
  4. 一方、ユーザBは自分のワーキングコピーでfile.txtを編集します。
  5. その後、commit前に更新を行おうとします(svn update)

3.でユーザAがcommitを行うと、ファイルの状態はreplace(置換)になります。

5.でユーザBが更新しようとしたファイルはもうリポジトリには存在しないので(リポジトリにあるのは同名の別ファイル)、tree conflict(ツリー競合)になります。

こういう状況で、ユーザBはとりあえずリポジトリの状態と同期させようとsvn revertすると、file.txtがバージョン管理対象外になってしまいます。

この状況になると、TortoiseSVNやEclipseプラグインなど、GUIで操作するクライアントからはfile.txtを救出することができないようです。

 

復旧策

コマンドラインから実行できる場合は、svn update file.txt とファイル名を明示的に指定してupdateすれば回復します。ファイル名を明示せずsvn updateだけでは駄目です。

コマンドラインでの実行が行えず、ファイル名を直接指定できない場合には親ディレクトリを一旦削除し、その後そのディレクトリをsvn updateしてやれば、file.txtを含めて取得できます。

 

どういう操作をすればこんなことになるのか(普通わざわざsvn delete,svn addなんてやらないだろ)、と悩んだのですが、もしかするとEclipseなどのIDE上でファイルを削除すると、自動でsvn deleteが発行されるのかもしれません。その後別の場所で作成しておいたファイルを、modifyのつもりでcommitするとreplaceになる、と。このときaddもIDEからは明示的に行わずに済むのでしょう。[追記: こちら方の記述を見ると、やはりIDE上のファイル操作とVCS操作は連動しているようですね。 EclipseでSVNコミットしたら履歴が消えた。 - 戦う葦 ~ウェブリテラシー篇]

少数のファイルを対象にしている際には気付くと思うのですが、svn switchなど大量のファイルを一気に更新する際には見逃す可能性が高く、ハマることもあったので注意です。

 

後で気づいたのですが、上記の現象はtree conflicts with replaceで議論されていたようで、ITSへは3334:Tree conflict merry-go-round on update/switchで登録されているようです。1年以上前に報告されていてまだ解消されていないということは、根が深いのでしょうかね…?[追記 2011/7/21: 上記レポートに追記されている通り、1.7.0で解消されるようです。]

 

後で読む用リンク:

検索するとStefan Sperlingという方の名前がよく出てきますが、この方がSubversionのtree conflict検出実装をされた方なんでしょうかね。

« Android Virtual Devices(AVD)を起動するとインターネット接続できなくなる | トップページ | BazaarでExcelファイルをバージョン管理しようとしたがうまくいかなかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/50281881

この記事へのトラックバック一覧です: svn revertするとファイルが消えてしまった:

» Subversion1.7.0でsvn revertの競合問題が解消されていた [雪羽の発火後忘失]
svn revertを特定状況下で実行すると不具合が発生する問題について、以前のエントリ svn revertするとファイルが消えてしまった: 雪羽の発火後忘失 で記載していました。 先日リリースされた1.7.0で同様の手順 ユーザAが自分のワーキングコピーでファイル”file.txt”を削除します。(svn delete file.txt) その後、ユーザAはcommitを行わずに同名ファイルを... [続きを読む]

« Android Virtual Devices(AVD)を起動するとインターネット接続できなくなる | トップページ | BazaarでExcelファイルをバージョン管理しようとしたがうまくいかなかった »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ