« Bazaar2.3.0とウイルスバスター2010との相性が悪化した | トップページ | Galaxy S(SC-02B)をアップデートした »

2011/02/27

[書籍]DDD日本語版『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』の発売日が決定した

でも、夏になる前にぐらいに出るーぐらいに思っていただけると幸いです。 RT @kohsei: はい、今のところ、3月に刊行予定のようです! RT @afukui: DDD日本語版は来年出ます。と @kohsei さんが言ってたような。 #devlove #devlove1218
3:36 PM Dec 21st, 2010 TweetDeckから

というtweetをたまたま見つけて心待ちにしていたのですが、『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』という名前で発売されるようです。2011年4月8日(amazonでは9日になってますね)、5,460円。

原著のタイトルはDomain-Driven Design: Tackling Complexity in the Heart of Software、愛称はDDDです。今の時点ではこの名前で検索かけた方が多くの情報を得られるかと思います。

ドメイン駆動型設計は、上流設計作業内容の見える化だ!!本書は、有益なソフトウェアのドメインモデルを構築するためのテクニック、ノウハウ、パターンを満載した設計ガイドブックです。たとえば、金融・証券系システムなら入出金、流通系システムなら集配、amazonなどネット通販系システムなら買い物かごなど、開発対象領域のシステム毎に必要となる機能やそれらを実現する設計パターンが抽出でき、これにより、従来は分析・設計のひと言でくくられていた作業工程の不透明部分が開発対象領域毎に明確に定義できます。本書は、これらの知見を網羅し、利用するためのポイントをまとめ、現場で分析・設計をする開発技術者必見の1冊となっています。

 

本書の要約のようなものがDomain-Driven Design Quicklyとして日本語版も無料で公開されています(要メンバー登録)。こちらで本書のイメージが掴めるのではないでしょうか。

 

さらに、Qcon Tokyo 2011セッションスピーカとして著者のEric Evans氏が来日され、翌日には来日記念チュートリアルなんかも開催されるようです(参加費ちょっと高いですが)。

QCon Tokyo 2011の開催日が本書発売直後の4月12日(火)なので、読んで予習しとけよーってことでしょう。

 

ちなみに本書、翔泳社のオンラインショップで予約するとTシャツがもらえるそうですよ…!

« Bazaar2.3.0とウイルスバスター2010との相性が悪化した | トップページ | Galaxy S(SC-02B)をアップデートした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/50979675

この記事へのトラックバック一覧です: [書籍]DDD日本語版『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』の発売日が決定した:

« Bazaar2.3.0とウイルスバスター2010との相性が悪化した | トップページ | Galaxy S(SC-02B)をアップデートした »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ