« 「エラー 0x80070091: ディレクトリが空ではありません。」のエラーが出てディレクトリ削除できない | トップページ | ReadyNAS Duo v2のrsync速度を改善する »

2012/10/08

データバックアップ用にNASボックスを購入した

 

HDDが壊れかかって初めて気づいたのですが、自炊の電子書籍って容量当たりの価格、そして自分にとっての価値が他のコンテンツと比べてずいぶん高いんですよね…

そんなわけで、既に多くの自炊電子書籍を抱えている私にとってバックアップ機器にそれなりのお金を払う価値はあるかな、と思い立ち、NASボックスの購入に至りました。

購入したのはネットギア社のReadyNAS Duo v2(Amazon)と、Seagate社3TB(2.7TiB)のHDD ST3000DM001(Amazon)。NAS用HDDとしては Western Digital社のWD Redブランドが人気のようですが、以前書いた通り、今回WD社のHDDは避けた結果こうなりました。RAID1構成にするためHDDは2台購入したので合計3万円とちょっとです。

(少し本題とはずれるのですが)今回初めてAmazonでHDDを購入したのですが、やっぱりあの書籍を購入したときと同じあまり厚みのない箱で送られてくるんですね…運搬中の衝撃とか大丈夫なのか少し心配になります。

 

あまり時間に猶予が無さそうだったのでそんなに詳しく調べたわけではないのですが、NASボックスの価格以下のような部分に効いてくるようです。

  • ベイ数。つまり取り付けられるHDD最大数。
  • 低価格のものはRAID0/1のみ対応のものが多いですが、値段が上がるとRAID5/6対応のものも。
  • CPUアーキテクチャ。低価格のものはARM、それより上のレンジに入るとAtom、といった具合。
    • AtomのものであればPC向けバイナリが流用できたりして、多機能性にも影響するようです(?)
    • 個人向けはソフトウェアRAIDのものが多く、RAID5などの誤り訂正符号計算時間、ひいては転送性能に影響する、らしいです。
  • 付加的インタフェース。iSCSIが付いてたり。

 

セットアップ完了直後にベンチマークを取ったところ、Sequential Writeが11.5MB/sほどで予想よりずいぶん遅く冷や汗をかきましたが、どうやらケーブルがカテゴリー5のものだったようで、ケーブル交換することで62MB/s程度、その他の転送速度もこちらで記載されている数値とほぼ同様になりました。(11.5MB/sでバックアップ取ろうとするとかなり時間がかかるので、ギガビットイーサネット環境は必要かな、と思います。)

一方、Linuxからrsyncすると(主にsshdが原因で)CPU使用率が100%に張り付いており、おそらくWindows(Samba)程は速度が出ていないのでは無いかと思います(※正確に計測したわけではないです)。ちなみにNFSも利用できますが、そちらは試していません。

 

外部のクラウド環境にバックアップを保存する、というのも少し考えたのですが、(制限つきだが)かなり低価格(参考)のAmazon Clacierでも1TB借りると1年で120ドル程度、これと手元にデータがある利便性を比較すると…、というわけです。もちろん障害耐性などクラウドサービスの方が良い面も多くあると思うので、要件次第では個人でもこのようなクラウドサービスに軍配が上がることはあると思いますが。

« 「エラー 0x80070091: ディレクトリが空ではありません。」のエラーが出てディレクトリ削除できない | トップページ | ReadyNAS Duo v2のrsync速度を改善する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/55846247

この記事へのトラックバック一覧です: データバックアップ用にNASボックスを購入した:

» ReadyNAS Duo v2のrsync速度を改善する [雪羽の発火後忘失]
前回、rsyncがsshdのせいで遅い、と書きました。これについての対策です。 タイトルにはDuo v2と書きましたが、おそらく同一ファームウェア/アーキテクチャを採用しているNV v2を始め、公式フォーラムを見る限り、その他のReadyNASでもCPUがボトルネックになっているのであれば同様の方法で改善できるのではないかと思います(適用するAddOnやWebUIにはもちろん差異があるはずですが)... [続きを読む]

« 「エラー 0x80070091: ディレクトリが空ではありません。」のエラーが出てディレクトリ削除できない | トップページ | ReadyNAS Duo v2のrsync速度を改善する »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ