« JDK7では署名アルゴリズムが変更になっているためINSTALL_PARSE_FAILED_NO_CERTIFICATE エラーが発生してapkがインストールできない | トップページ | Windows8で画面の色を設定する »

2013/05/25

Windows8の色設定がひどい

 

世間では、モダンUIがマウス+キーボード向けではない、とか、スタートメニューを復活させるべきだ、といった向きでWindows8が批判されているのをよく目にします。

個人的にはその辺のことは慣れの問題であって、Windows8を拒否する理由には全くならず、従来のバージョンと比較して特に不便になったとは感じていません。

しかしながら、自分の他に不満を挙げている人をほとんど見かけたことがないのですが、表題に挙げた色の設定だけは許容範囲を超えていると感じています。

 

こちらはWindows8のエクスプローラーの一部をキャプチャしたものです(がぞクリックで拡大)。”ユーザーフォルダ”が選択状態になっているのはおそらくわかると思いますが、その他に”ローカルディスク(C:)”も選択状態であるのがわかるでしょうか。

win8explorer

…私の環境ではほとんど区別がつきません。こうして部分的に切り取るとさすがに目立ちやすくなるのですが、より広いデスクトップの中でこのような表示が為されても気づかないのです。

ディスプレイのコントラストを高めに設定しているとより一層区別がつきにくくなります。私のディスプレイでは、コントラストを68%まで上げると全くわからなくなりました(通常は初期設定の50%で使用していました)。

 

そんなわけでOSの設定で選択色を変更しようと思い、設定をを探したのですが、Windows8では色の設定に関しては次のダイアログの中で設定できるものしかありません。

win8color

ウィンドウの枠など、一部にのみ影響する1種類の設定だけです。ちなみにWindows7以前ではこちらの”ウィンドウの色とデザイン”のように、選択項目の色を含めて複数種類に関する設定が行えていました。

 

設定は1種類、と書きましたが、正確にはもうひとつ、視覚色覚障碍者向けのモード設定があり、そちらであればちゃんと区別がつく配色になります。

こんな感じになりますが。

win8contrast

これはこれでドギツ過ぎて困ります…(ちなみにハイコントラストテーマ使用時には、一部のデザイン設定に関する機能が無効化されるようです)

なんでこんな両極端な設定しか選べなくなっているんでしょうね。

 

Windows8では本当にこんな設定しかできないのかと調べたところ、ハイコントラストテーマの色を、レジストリを直接編集することで変更し、もう少しまともな色遣いにできることがわかりました。次回はそちらについて記載しようと思います(先に記載しておきますが、あまり期待する結果にはなりません)。

« JDK7では署名アルゴリズムが変更になっているためINSTALL_PARSE_FAILED_NO_CERTIFICATE エラーが発生してapkがインストールできない | トップページ | Windows8で画面の色を設定する »

コメント

色盲の人向けなんじゃないですかね?

そうですね。ハイコントラストテーマ自体は色覚異常(本文中では視覚障害と記載してしまっていましたが)がある人向けだと私も思います。

ただWin8の内部的には、通常モードかハイコントラストモードで表示モード(Win7でいうところのAeroを適用するか否か)が分かれているように見えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18902/57452943

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8の色設定がひどい:

» Windows8で画面の色を設定する [発火後忘失]
前回「Windows8の色設定がひどい」で記載した通り、設定画面からできる色の変更は限定的なものに留まり、Windows7以前のような文字色、背景色、選択色などの変更はできなくなっていました。 しかしながら、Windows8では前回示した例のように、全体的に色基調が淡い感じになっとており、エクスプローラーの非アクティブ時選択色以外でもわかりづらいところが複数あることに気付いたため、これを何とかした... [続きを読む]

« JDK7では署名アルゴリズムが変更になっているためINSTALL_PARSE_FAILED_NO_CERTIFICATE エラーが発生してapkがインストールできない | トップページ | Windows8で画面の色を設定する »

other sites

  • follow us in feedly
  • github
  • stackoverflow

ソフトウェアエンジニアとして影響を受けた書籍

  • Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション

    Christain Bauer: HIBERNATE イン アクション
    理論と実践が双方とも素晴らしい製品であるHibernate。本書はそのプロダクトを書名に冠していますが、Hibernateを使うつもりがなく、ORマッピングの解説書として読むにしても十分な良書です。Second EditionとしてJava Persistence With Hibernateという書籍も出版されていますが、残念ながら現在のところ 和訳はされていません。-インアクションは2.xの、Java Persistence-は3.1の頃のものなので、最新版とはちょっと違うところもあることに注意。 (★★★★★)

  • アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版

    アンドリュー・S・タネンバウム: 分散システム 原理とパラダイム 第2版
    クライアント/サーバシステムを構築する上で必要となる知識が総論されてます。Web技術者も、フレームワーク部分を開発するのであれば必読。 (★★★★★)

  • Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア

    Joel Spolsky∥著: ジョエル・オン・ソフトウェア
    前述の書籍「ソフトウエア開発プロフェッショナル」をより砕いたもの、という感じでしょうか。 前書きではプログラマでなくSE向けの本のように書かれているが、プログラマが読んでも面白い本であると思われます。 SEになった新人(あるいはそういう会社に入る/入りたての人)にとっては、これからどういったことが仕事を遂行していく上で起こりえるのか、どのように考えて行なっていけばいいのか決定する助けになると思います。 元は″Joel on Software″というブログの記事で、web上でも一部日本語で読めます。 http://japanese.joelonsoftware.com/ (★★★)

  • ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか

    ドナルド・C・ゴース,ジェラルド・M・ワインバーグ: ライト、ついてますか
    問題解決(一昔前のの流行語で言うところの『ソリューション』)能力は、システムエンジニアのスキルとして備えるべきもののうちのひとつです。しかし、これは難しい。学校で出されるテストと違い、唯一の、(問題提出者が想定している)解を求めるだけが「問題解決」では無いからです。そもそも、何が問題なのか、それは本当に問題なのか、それは本当に解決すべき問題なのか、その問題解決方法は正しいのか、などを解決しなければ、「その解は正しいのか」に辿りつくことができません。この本の最も良いところのひとつは、本があまり厚くないこと。すぐに読めるし、何回も読み返す気になるでしょう。 (★★★★★)

  • スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル

    スティーブ・マコネル: ソフトウエア開発プロフェッショナル
    コードコンプリートで有名なスティーブマコネルの著書。新人SEに読んで欲しい。個人として業界の中でどうあるべきか、組織としてどうあるべきか、SEのプロ意識とは?SEの心構え概論、といったところでしょうか。また、業界における資格の重要性についても説かれています。この業界では資格が特に軽んじられる傾向がありますが、この傾向はどんな弊害をもたらすのか、将来的にこの業界は資格に対してどのような姿勢で臨んでいくべきなのか。日経BP社では(他の出版社もだが)最近、似たような類いのあまり面白くない書籍が乱出版されていますが、この本は別格だと思うので安心して購入して欲しいと思います。 (★★★★★)

無料ブログはココログ